1986年6月6日

(数か月前の夢を思い出しました)

あなたが私を蛇から守ってくれた時の夢(ヴィジョン)を思い出したわ。

あの蛇があなたを味わって楽しんでいるのを見て放っておけたでしょうか! 主イエス・キリストの恵みのうちに歩みなさい。ダン

(これが私の見た夢です。

私は家のソファに座っていました。向かいのもう一つのソファには家族全員が腰掛けています。突然、私の左手の方向から、つまり私から見て部屋の左隅から、はっきりとではありませんが、かすかな物音がしたのです。その暗い隅から一匹の蛇が床をはってくるのが見えました。それは私のペットでしたが、えさをやるのをやめていたので、食べ物を探しに部屋の隅から出てきたのです。ブドウが三粒載った皿を見つけ、飢えていた蛇は全部飲み込みましたが、それでは足らず、もっと探そうと二つのソファの間を通って台所の方にはって行こうとしていました。

すぐさま私は自分の両足を浮かせました。なぜなら、私は今や蛇の敵となっており、蛇がそのことに感付いて私を攻撃してくるかもしれないと恐れたからです。とても心配になりました。そこで私はその蛇を捕まえようと立ち上がりました。家族の一人でも襲われてはなりませんから。蛇は私の意図が分かった途端、私を襲う構えを見せました。あまりにも怖かったので、私は食器棚のてっぺんにつかまってぶら下がり、ひざを曲げて足を浮かせました。蛇が鎌首をもたげている間、ある声が聞こえました。その声を聞いた途端、蛇は怖れて逃げて行ってしまいました。

誰の声かと急いで飛び降りて見に行くと、一人の背の高い男性がいて、私の守護の天使だと分かりました。「どうして恐れているのですか?」とその人が言います。「蛇が怖いのです、放してしまったので」と答えました。「私が行って追い払いましょう」と天使は言い、台所に入って行きました。私はその場を離れようとしましたが、私も行って手伝わなければと思いました。そこで私も台所に入りました。この人は台所の扉を大きく開け、棒を取ってきて蛇を外へ追い出そうとしました。その間私は、蛇を怖がらせようと手を振ったり、床を踏み鳴らしたりして大きな音を立てていました。蛇が逃げ場を探して私の方に来る度に、私は床を踏み鳴らして蛇の行く手を封じます。蛇はパニックを起こして、その勢いで家の外に出て行きました。出て行くや否や、守護の天使は扉をバタンと閉めました。

扉の右側には窓があり、天使も私もその窓越しに蛇がどうするか見ていました。蛇は階段を滑り下りて行きましたが、その階段は上り下りする人々でごった返しています。踏まれては大変と、蛇はまた家に引き返してきました。しかし扉は閉まっています。すると蛇は本当にパニック状態になりました。蛇は急いで階段を滑り下り、玄関の広間に入って来ます。そして広間の大きなガラス戸からまた外へ出て行きます。するとガラス戸の敷居をまたいだ瞬間、蛇は醜い巨大なヒキガエルに姿を変えました。外は雪に覆われ、凍てつく天気です。目撃した人々は警笛を鳴らしますが、その瞬間ヒキガエルは女性に姿を変えました。しかし悪霊は見破られ、人々はそれを捕らえて革ひもで縛り上げました。私はその様子を見ながら、革ひもが十分きつくないので、いつか逃げ出すのではないかと感じました)